小中學生1割依存傾向「ゲームのことばかり考える」「ネットに夢中」

一成中小學生有成癮傾向“腦子里只想著游戲”“沉迷網絡”

橫浜市教育委員會が市內の小中學生を対象に実施した「ゲーム障害」やインターネット依存に関する調査で、児童生徒の1割近くがゲームやネット依存の傾向にあることが明らかになった。のめり込めば日常生活に深刻な影響を及ぼす可能性もあるとして、市教委は今後、部署橫斷のプロジェクトチーム(PT)で予防策や依存傾向にある子どもたちへの対策を検討する?!緲靠诖疽病?br />
橫濱市教育委員會以市內中小學生為對象進行了關于“游戲障礙”和網絡成癮的調查,明確了近1成的兒童學生有游戲和網絡成癮的傾向。市教委認為,如果過于沉浸網絡和游戲,有可能會對日常生活產生嚴重影響,今后將在跨部門的項目小組(PT)中討論預防措施以及針對上癮傾向青少年的對策?!緲靠诖疽病?

調査は、2019年に世界保健機関(WHO)がオンラインゲームなどにのめり込んで日常生活に支障をきたす「ゲーム障害」を依存癥と認定したことなどを受け、市內の実態把握が目的。20年10月に市內18區からそれぞれ小中學校1校ずつを選び、小學校4年~中學校3年の1萬3245人を対象に実施した。児童生徒4164人が回答(回収率31?4%)し、有識者らで構成する市學校保健審議會の部會が報告書をまとめた。

2019年世界衛生組織(WHO)將沉迷于網絡游戲等對日常生活造成影響的“游戲障礙”認定為成癮,該調查的目的是以此來把握市內的實際情況。2020年10月從市內18區各選出1所中小學,以小學4年~初中3年的1萬3245人為對象實施調查。4164名兒童學生進行了回答,由有識之士組成的市學校保健審議會的下屬部門匯總了報告書。

報告書などによると「この一年の間に、ゲームをしている時のことばかり考えていた時期がありましたか」などとする質問計9問のうち、5問以上で「はい」と答えた児童生徒を「ゲーム依存傾向」と分類。これに回答者のうち8?9%が該當した。

根據報告書的內容,在“這一年里有沒有腦子里只想著玩游戲的時期”等9個問題中,5個問題以上回答“是”的兒童學生被分類為“游戲上癮傾向”?;卮鹫咧杏?.9%符合此項。

學年や男女別に見ると、小學生男子の割合が高く、小學4年が23?3%、同5年が21?5%と2割を超えた。男子と比較すると、女子はいずれの學年でも割合が低かった。

從學年和男女分開來看,小學生男生的比例較高,小學4年級占23.3%,同年5年級占21.5%,超過了2成。和男生相比,女生無論哪個年級的比例都很低。

「ネット依存傾向」は「あなたはインターネットに夢中になっていると感じますか」などの質問8問のうち5問以上で「はい」と答えた児童生徒が9?4%。男女ともに、中學2年の割合が最も多い結果となった。抑うつ癥狀がある児童生徒は、ない場合にくらべネット依存傾向の割合が4?65倍になると分析した。

在“網絡上癮傾向”中,“你覺得你沉迷于網絡嗎”等8個問題中,5個問題以上回答“是”的有9.4%。無論男女,初中2年級的比例都是最多的。有抑郁癥癥狀的兒童學生與沒有抑郁癥癥狀的學生相比,網絡上癮傾向的比例會升高4.65倍。

ゲームやネットの手段となり得るスマートフォンは、小學6年で約4割、中學3年で約8割が自分のものを所持。有害サイトなどへの接続を制限する「フィルタリング」については、全體の約3割が「分からない」や「していない」と答えた。

小學6年級約有4成,初中3年級約有8成擁有自己的能進行游戲和上網的智能手機。關于限制對有害網站等連接的“過濾”系統,全體學生約3成回答“不知道”和“沒有”。

調査では、就寢や起床時間が遅く、習い事や部活動をしないほどゲームやネット依存傾向があり、生活習慣の悪化と深い関連があるとみられるという。市教委は今回の調査を「無視できない數字」(擔當者)と捉え、學校內での相談など改善に向けてどのような対策を取るかPTで検討していくことにしている。

據調查,就寢和起床時間很晚,不學習也不參加社團活動等情形包含有游戲和網絡成癮的傾向,其與生活習慣惡化有著很深的關聯。市教委將本次調查視為“不容忽視的數字”(負責人),決定在PT上討論如何改善學校內的咨詢等問題。

原創翻譯:龍騰網 http://www.cqxyscyz.com 轉載請注明出處