第1回パリ五輪代表選考會として行われた。女子は準々決勝で、東京五輪混合ダブルス金メダルの伊藤美誠(21)=スターツ=が、長崎美柚(19)=日本生命=に2-4で敗れた。東京五輪女子団體銀メダルの石川佳純(29)=全農=、平野美宇(21)=日本生命=も8強で散り、五輪代表3人が全滅の大波亂となった。

獅子杯作為第一屆巴黎奧運會的選手權比賽而舉行。在女子四分之一決賽中,東京奧運混合雙打金牌獲得者伊藤美誠(21歲)以2-4輸給了長崎美柚(19歲)。東京奧運會女子團體銀牌獲得者石川佳純(29歲)、平野美宇(21歲)也止步八強,奧運會代表隊的三人全部出局,開局就風波不止。

伊藤は2試合を勝ち進んだものの、長崎に対して攻めあぐね、失點を重ねた。伊藤が日本選手に敗れるのは、21年全日本選手権決勝の石川佳純戦以來。絶対エースの目には涙もにじんだ。

伊藤雖然在兩場比賽中勝出,但卻對長崎選手攻勢疲弱,一再失分。這是伊藤繼21年全日本選手權決賽輸給石川佳純后再次敗給日本選手。絕對王牌也流下了眼淚。

3日ほど前の練習から、ボールが思ったように強く打てない感覚に陥っていたという?!袱嗓Δ浃盲泣c數を取っていいかわからず、(戦術が)曖昧で迷っていた。どんどん相手が點を取っていって、不思議な感じだった。足が止まってしまって、思考停止。自分でも笑っちゃう。不思議な感覚で、初めての感覚」と首をかしげた。

從3天前的練習開始,伊藤選手就陷入無法用想象中的力度擊打球的感覺?!安恢涝撛趺慈〉梅謹?,(戰術)模棱兩可,很迷惑。對方不斷得分,感覺很不可思議。步伐也停了下來,思考停止。我自己都笑了。感覺很不可思議,第一次有這種感覺?!?。

パリ五輪に向けて、日本協會は國內選考會を重視する方向性を示しており、大會ごとに設定した獨自ポイントを加算する方式を採用。24年1月まで斷続的に選考大會が実施されるが、波亂の幕開けとなった。

面向巴黎奧運會,日本協會表示將重視國內選拔比賽,采用每屆奧運會設定的獨立積分加算方式。直到24年1月為止,雖然選拔比賽都會陸續地舉行,但還是迎來了波瀾起伏的開場。