カムチャツカ半島 ベズィミアニ?;鹕饯菄娀?日本への津波の影響なし

堪察加半島貝茲米亞尼(音譯)火山噴發對日本沒有海嘯影響

今日5月28日(土)夕方、カムチャツカ半島のベズィミアニ?;鹕饯谴笠幠¥蕠娀黏k生しました?,F地當局(KVERT)の監視カメラの観測では、噴煙は高度1萬5000mに到達したものとみられます。

今天5月28日(星期六)傍晚,堪察加半島的貝茲米亞尼火山發生了大規模噴發。據當地當局(KVERT)的監視攝像機觀測,噴煙高度達到了1萬5000米。

気象庁は、1月のトンガの火山噴火時のような津波が発生しないか監視していましたが、23時30分に「この噴火による日本への津波の影響はない」と発表しました。

氣象廳在觀察是否會發生1月湯加火山噴發時的海嘯,但23點30分發表稱“這次噴發對日本沒有海嘯的影響”。

ベズィミアニ?;鹕饯?955年以降たびたび規模の大きな噴火を起こしていて、近年も活発な火山活動を続けています。噴煙の高さのみで噴火の規模は比較できないものの、2019年3月にも今回と同程度まで噴煙を上げる噴火を起こしています。

貝茲米亞尼火山自1955年以來多次發生規模較大的火山噴發,近年來也持續著活躍的火山活動。雖然僅從噴煙的高度無法比較噴發的規模,但2019年3月也發生了與這次噴煙高度相近的噴發。