數日間食事を一切與えず?低栄養狀態で放置…5歳男児餓死で初公判、母親が起訴事実認める

5歲男孩被餓死事件首次公審,母親對起訴的事實供認不諱

福岡県篠栗(ささぐり)町で5歳の男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の碇(いかり)利恵被告(40)の裁判員裁判の初公判が6日、福岡地裁(冨田敦史裁判長)で始まった。碇被告は起訴事実を認めた。

福岡縣篠栗町5歲男孩餓死事件,因監護人遺棄致死罪而被起訴的母親碇利惠(40歲),6號在福岡地方法院(審判長富田敦史)開始對其進行初審。被告人對起訴內容供認不諱。

起訴狀では、碇被告は知人の赤堀恵美子被告(49)と共謀し、2019年8月頃から、碇被告の三男?翔士郎(しょうじろう)ちゃんの食事を減らすなどして痩せ細らせた。20年3月下旬頃には重度の低栄養狀態になっていたのに放置し、同4月18日に自宅で餓死させたとしている。赤堀被告も保護責任者遺棄致死罪で起訴されている。

根據起訴書內容,被告人與熟人赤堀惠美子(49歲)合謀,從2019年8月左右開始,通過減少被告人的三兒子翔士郎的飲食等方法使其消瘦。20年3月下旬左右,翔士郎處于嚴重營養不足的狀態,被告卻對其放任不管,4月18日翔士郎在自己家中被餓死。赤堀也以監護人遺棄致死罪被起訴。

碇被告は事件當時、離婚して生活保護を受給しながら、翔士郎ちゃんと小學生の長男と次男の3人の子どもと暮らしていた。

被告人在案件發生時,一邊領取離婚生活保障,一邊與翔士郎和身為小學生的長子和以及次子3個孩子一起生活。

検察側の冒頭陳述によると、両被告はお互いの子どもが同じ幼稚園に通っていたことで知り合いになった。検察側は、碇被告は赤堀被告の「夫が浮気している」などのうそを信じて離婚し、赤堀被告への依存を深めて、生活を支配されていたと主張?!赶枋坷嗓沥悚螭蛑堡毪长趣扦郡韦?、主體的な行動を放棄していた」と述べた。

根據檢方的開場陳述,兩名被告因彼此的孩子在同一所幼兒園上學而相識。檢方主張,被告人碇相信被告人赤堀的“丈夫出軌”等謊言而離婚,并加深了對被告人赤堀的依賴,連生活被她操縱著?!懊髅髂軒椭枋坷?,卻放棄了主動的行動?!?。

弁護側は、碇被告は赤堀被告に、生活全體を支配されていたとし、情狀酌量を求めた。

辯護方認為由于被告人赤堀操縱了被告人碇的整個生活,要求對碇酌情處理。

赤堀被告は碇被告とは分離されて公判前整理手続きが進んでおり、別の裁判員裁判で審理される。弁護人によると、赤堀被告は「餓死は母親の責任で、共謀もしていない」と全面的に否認しているという。

被告人赤堀與被告人碇分開,檢方正在進行公審前的整理手續,由其他陪審員審理。據辯護人說,被告人赤堀認為“餓死是母親的責任,我也沒有共謀”,否認了碇的說法。